ボート釣りを始めよう!

ボート釣り あると便利なグッズ


ボート釣りをするとき、あれば便利、役に立つグッズがあります。特別なものがある訳ではありません。これがないからといって釣りができない訳でもありませんが、いろいろと使い勝手が良かったり、活躍したりするものがあります。以下にご紹介します。

※本サイトは湖沼でのボートは対象にしていません。あくまでも海釣りのレンタルボートが対象です。

【虫餌箱&夏対策グッズ】
キスを狙う時は虫餌を使います。ジャリメです。アオイソメでもよいのですが、ちょっと大きいのと身がジャリメに比べると弱いという点があります。やはり、キスのチョイ投げ釣りでは餌持ちのよいジャリメがお勧めです。ですがこれを買った時のままポリのケースに入れておくと暑さで虫が弱ります。ボートの上は日差しで結構暑くなります。そんな時にあればよいのが左端の「虫餌箱」と、100円ショップで買った真ん中の「断熱効果のあるお弁当ケース」。それから右端の「保冷剤」です。保冷剤は専用のものでは無くても、ケーキなんかを買った時についてくる袋状の保冷剤を集めて、また冷やして再利用すれば経済的です。効果は同じです。
餌箱
お弁当箱ケースにたまたま断熱効果のあるものがあったのでこれを利用しています。虫餌箱だけでも断熱効果はありますが、こうすることで虫餌は暑い夏でも最後まで元気です。ポリのケースをクーラーに入れておいてもいいのですが、餌は手元に置いておいた方が手返し(餌付や投入など)も楽です。セットすると右上の画像のような感じです。ちなみに、画像ではよく見えないかもしれませんが、虫餌箱の蓋が閉まるところに、庇のように箱内側に向けてポリを切った「返し」を貼り付けてあります。これは「虫餌の脱走防止」です。ここが少し開いていると虫餌はそこから脱走することがあります。要は「ネズミ返し(ご存知?)」のようなものです。特にアオイソメは脱走名人です。まあ、保冷剤で冷やしていれば箱の中の方が居心地いいのか、中で身を寄せ合っておとなしくしていますが、暑いと逃げようとします。
石粉
それから、これはグッズではありませんが「石粉」があると虫餌がつけやすくなります。滑り止めのようなものです。釣具屋さんで聞けば、大抵売ってますから、あると重宝します。小さなタッパに入れておくと携帯にも便利です。
 
【保冷バッグ】
保冷バッグこれは100円ショップで買ったものです。飲み物やパン、お菓子などを入れておくのに便利です。保冷力はそれほど期待できませんが、けっこう飲み物が熱くなったり、パンなどが熱でグッタリするのを防いでくれます。一つ持っておくとけっこう重宝します。水にも強いですし。
 
【ソフトクーラー】
ソフトクーラーこれはハードなタイプのクーラーではなくソフトタイプです。本来はクーラーに使いますが、これに道具などをまとめて入れておくと便利です。狭いボートの上であれやこれや探すはめになると体が攣りますよ。ちなみに私はここに仕掛けと錘、タオルやデジタルカメラ、自分のセカンドバッグ、他小物類を入れておきます。柔らかいので場所を取らず、突然の雨にも防水ですから、便利です。
 
【防水バッグ】
防水バッグこれはディバッグタイプのものですがショルダータイプのものもあります。少々割高ですが、とりあえずの着替えやタオルなど、濡らしてはいけないものを入れておくのに便利です。これもソフトタイプですので場所を取りません。ソフトクーラーでも代用はできますが、やはり防水性はこちらの方が上です。
 
【何かと活躍するメゴチバサミ】
ペンチ メゴチバサミ釣りは何が釣れるか分かりません。毒のあるウミケムシや、またトゲの鋭い小魚(メゴチ、ヒイラギ等)が来る場合があります。そんな時に活躍してくれるのがメゴチバサミ。タオルでもいいですが、ヌルの強い魚ですとタオルまでヌルヌルになります。このメゴチバサミで魚を掴んで、プライヤーで針を外しましょう。ちなみに毒のあるゴンズイやミノカサゴ、バリ(アイゴ)、エイなどが来た場合は仕方ありませんので仕掛けを切りましょう。下手に手を出すと痛い思いをします。針は海の中で腐食しますから。
 
【バケツ&ブク】
バケツ ブクボートにバケツはたいていひとつはついていますが、手を洗ったり、釣った魚をとりあえず活かしておきたい時など、畳めるソフトタイプのバケツがあると便利です。海水は船べりからすぐにくみ取れます。また、泳がせでマゴチやヒラメを狙う人はブクで水に空気をを送り込めば、魚はけっこう元気でいます。ブクはできれば防水タイプの方がいいですね。ザッと洗うだけでいいですから。特に泡の出る先の部分は使用後よく真水で洗ってください。潮が残っていると空気の出が悪くなりますから。
 
【尻手ロープ、洗濯バサミ】
尻手ロープ センタクバサミ尻手ロープは尻手ベルトとワンセットで使います。竿尻にベルトを巻いてロープを掛け、自分の救命衣かバッグのどこかにでも固定します。竿がご入水してサヨナラになるのを防ぐためです。あと洗濯バサミですが、「なんで?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、これが結構活躍します。ソフトバッグの蓋の一時止めや、カッパのフードを帽子に止めたり、ゴミ袋を止めたり等々です。いくつか持っておくと役に立ちますよ。
 
座布団【座布団】
これは説明が要らないと思いますが、長く座っているとお尻が痛くなります。必需品でしょう。アンカーなどを外したり船を漕いだりして動き回る場合は、船釣りで使うヒップガードが好いでしょう。当然、布製ではビショビショになりますから、ビニール製のもので、できれば滑り止めが付いているものを選んだ方が無難ですね。

以上、必ずなければ釣りにならないものでもないのですが、あれば便利です。それほど高価なものは必要ありませんのでご用意されることをお勧めします。

ボート釣りで遊ぼう 目次へ



★ボート釣りあれこれ 免許不要の2馬力ボート
★ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの
★ボート釣りあれこれ ご注意! 危ない魚たち
★ボート釣りあれこれ ボート出船の見極め(基準)
★ボート釣りを始めるなら

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■これからボート釣りを始められる方のご参考にでもなれば。
ボート釣りを始めるなら…
■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。

海のボート釣り フィッシングストア

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト

「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.