ボート釣りを始めよう!

ボート釣り ボート釣りの餌について


【釣りもの別、餌について】
ボート釣りでは定番の狙いものから、運が良ければ、といった魚が色々狙えます。定番では、シロギス、アジ、カワハギなど。アオリイカも入りますかね。一発があるのは、マゴチ、ヒラメ、ショゴ(カンパチの子)、ワカシ(イナダの子)、チヌ(クロダイ)、シマダイ(石鯛の子)、スズキ、マダイなどなど。

定番狙いに加え、一発ものをボーナス的に狙えば、来れば「ハッピー!」、来なくても、「まあ、いいか…」です。まずは定番の魚をメインで狙って確保し、それを餌にするという「わらしべ長者」的な楽しみがあるのもボート釣り。船釣りでは船長の許可を取らないで泳がせやっていると怒られますから。

ボート釣りで使う餌についてまとめてみます。

※本サイトは湖沼でのボートは対象にしていません。あくまでも海釣りのレンタルボートが対象です。

<キス・メゴチ・アナゴ>
キス メゴチ アナゴ
餌:ジャリメ、アオイソメ
キスはジャリメが定番。大体、1日1人1パック(500円位)あれば充分です。ヒイラギなどが入れ食いになってもなんとか一日楽しめます。アオイソメ(1パック300円位)でも喰ってきますが、ジャリメに比べると柔らかいので、投げている時に餌が取れてしまう事があります。やはりキスにはジャリメでしょう。
ちなみに、あまりタラシ(針にかけて余った部分)を長くすると外道の餌食になりやすいので、ジャリメ一匹を半分にして2本仕掛けの針に付ければいいです。それから、餌をそれほど頻繁に付け替えなくても、餌が針に残っていれば多少ヘロッた餌でも喰ってきます。
アナゴ狙いということは無いのですが、ボート下をコズいていると釣れる事があります。もし、狙われるなら、船釣りと同じように、ジャリメかアオイソメの縫い刺しで餌を多めにすれば来る確率は上がります。

<マゴチ・ワニゴチ・ヒラメ>
マゴチ ワニゴチ ヒラメ
⇒餌:ピンギス(10cm前後)、メゴチ、イトヒキハゼ、イワシ、マハゼ
これぞまさにボート釣りの「わらしべ長者」です。ジャリメでピンギスを釣り、それを泳がせでマゴチ、ワニゴチ、ヒラメをゲット! 堪りません。ちなみに、餌を活かしておくための「ブク(電池式)」は必需品とまでは言いませんが、バケツの海水に空気を送っていると明らかに餌が弱り難くなります。
湾にイワシが入ってきている時など、イワシ用のサビキ仕掛けを降ろしておけば、イワシが釣れます。このイワシ、ウルメイワシですとすぐに弱ってしまうのですが、カタクチイワシ(セグロイワシ)なら、もう万能餌です。マゴチ、ワニゴチ、ヒラメだけでなく、錘無しのフカセで泳がせば、スズキも狙えます。
マゴチはメゴチ餌が最適とは思うのですが、喰いが渋い時(春)はピンギスの方が良い場合があります。もちろん、メゴチが釣れない時はピンギスでやりましょう。仕掛けの基本は、マゴチ、ワニゴチが鋳込みテンビンオモリ(もしくは三日月錘)を付けたフカシ、ヒラメは銅付ですけど、マゴチ仕掛けでも棚を気持ち50cm位上げればヒラメも狙えます。マゴチ、ワニゴチはほぼ底で狙います。ちなみにワニゴチは小型(20cm位)ならキス釣りの外道でも釣れます。
イトヒキハゼが来たらキープしておきましょう。これでも釣れますが、喰いはイマイチ。マハゼは、秋口にけっこう強力な餌になります。前日に釣って活かしておいて、持ち込んでくる人がいます。

<カワハギ>
カワハギ
⇒餌:生アサリ(剥き身)、ジャリメ、アオイソメ
カワハギはもう生アサリの剥き身(ボイル餌は喰ってこない)以外、考えられません。が、アオイソメで釣っている人もいます。実際、キス釣りで根近くから出てきたカワハギがジャリメ餌に喰ってくることがあります。ですから、秋など、ジャリメかアオイソメでキスとカワハギ(ポイントが違うので移動が必要)両方を狙う事もできます。仕掛けは要変更ですが。
カワハギ釣りでの生アサリはどれくらい用意すればいいのか、難しい所です。木っ端カワハギに餌を取られっぱなしの日もありますし、餌を取ってももらえない日もありますから。日によっても、人によっても違います。少し多めに用意しておいた方がいいでしょうね。経験的には標準的な400円程度のものが一人2パックあればいいかな…。

<アジ>
アジ コマセカゴ
⇒餌:アミコマセ+サビキ、アミコマセ+オキアミ
アジはコマセ釣りが基本ですが、ビシアジのようなゴツイものではなく、上の画像のようなサブマリンのコマセカゴで十分です。大体、1日一人、1~1.5kg位のブロック(500円位)があれば十分でしょう。オキアミを餌に遣う場合は、少し多めに買っておいて、余りそうならコマセで使いましょう。餌取りが多いとすぐに無くなりますから。
サビキでも来ますが、一本針のオキアミ餌でやる方が釣れる場合もあります。そんなにゾロゾロとは来ませんので。オキアミ餌の場合は、ボラやアイゴの外道が来ることもあります。アジは手堅い獲物のように思えますが、群が入ってこなければボウズもあります。
カワハギ釣りの時に、このコマセ仕掛けを置き竿にしておけば、カワハギの集魚効果もあります。

<ショゴ・ワカシ・チヌ>
ショゴ ワカシ チヌ
⇒餌:アミコマセ+サビキ、アミコマセ+オキアミ
船釣りほどの型は期待できませんが、ショゴもワカシも立派な青物です。サビキ仕掛けの場合はこのサビキに喰ってくるのではなく、サビキに来たイワシやイトヒキハゼ、小アジに喰ってきます。これも「わらしべ長者」的な釣りです。
一本針でのオキアミ餌で狙っても喰ってきます。滅多に来ませんが、オキアミ餌でチヌが釣れる事もあります。かなり確率は低いですけど。ボラもオキアミに喰ってきます。アイゴの群れに出会うとバリバリ(アイゴの別名、バリ)状態になります。

<アオリイカ・コウイカ(スミイカ)>

⇒餌:餌木、キス、アジ、イワシ
イカはエギングだろうが、シャクリだろうが基本的には餌木でしょう。ただ、キスやアジ、イワシなどで泳がせをやっている時に抱きついてくることがあります。が、まず針掛かりする事は無く、抱きついているだけですから、ソーッとタモが届くところまで引っ張ってきて、ゲットしましょう。けっこう、難しいですよ。
ちなみに、イカは食い意地がはっているのか、一度離した魚をすぐに戻してやればまた抱きついてくる確率が高いので、何度かトライしてください。たとえ、キスが頭だけになっても食おうとしてきます。

<他、色々>

⇒餌:キスの餌、カワハギの餌、オキアミ
シマダイ(石鯛の子)やチャリコ(小さいマダイ)や根魚のカサゴやメバルは、ボートからメインで狙う釣りものではないのですが、キス釣りをやっている時や、カワハギ釣り、アジ釣りをやっている時に来ます。船釣りであれば立派な釣りものですが、どこで出会うか分かりません。釣れればラッキー!です。

以上、ボート釣りでの餌について参考までにご紹介しましたが、これ以外にも特餌でエビやサバの切り身などを持ってくる方もいます。活ドジョウで泳がせをやる方もいるようです。

いろいろな魚が釣れるのはボート釣りの楽しみですが、基本はやはりジャリメとアオイソメでしょうね。餌の量については目安程度に考えてください。人によって違いますから。

数回釣行すれば大体自分に必要な量は分かってくると思います。ボート店さんや餌を売っているお店の人に聞いてみるのもいいですね。

手軽なボート釣りで、楽しい一日を海の上で過ごしましょう。

ボート釣りで遊ぼう 目次へ



★ボート釣りあれこれ 免許不要の2馬力ボート
★ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの
★ボート釣りあれこれ ご注意! 危ない魚たち
★関東 ボート店リンク
★ボート釣りを始めるなら

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■これからボート釣りを始められる方のご参考にでもなれば。
ボート釣りを始めるなら…
■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。

海のボート釣り フィッシングストア

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト

「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.