ボート釣りを始めよう!

ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの


【狙いものの絞り込み】
ボート釣りは大体3月から11月まで。季節で分けると「春」「夏」「秋」です。それぞれの季節で釣れる魚が変わります。もちろん、オールシーズン「キス一本で勝負!」という楽しみ方もあると思いますし、「季節それぞれの美味しい魚を狙う」という楽しみ方もあります。

いずれにしましても、限られたボートのスペース、いくら自由とは言え、あれもこれもと欲張りで何本も竿を出しすぎると大忙しで、結局は良い釣果に恵まれないという事にもなります(ボート釣りを始めたころの私…)。

私はシーズンを大きく「3月から9月中旬(春、夏)」と「9月中旬から11月(秋)」の二つに分けて釣りものを決めています。ここでは、あくまでも私のボート釣りと云う事で参考までに季節の釣りものをご紹介します。

※本サイトは湖沼でのボートは対象にしていません。あくまでも海釣りのレンタルボートが対象です。

<春・夏の釣りもの(3月から9月中旬)>

キス【キス釣り】

タックル
竿はキス専用竿でスピニングタイプ(投げやすい)。それほど高いものでなくてもいいですが、最低でもガイドがSIC(道糸に優しい)のものをお勧め。長さは1.8mから2.4m位で体格に合わせて(長竿好きの私は2.7m使ってますが)。
リールはやはりスピニング。1000番くらいで十分ですが、メーカーによって規格が異なるので、これは釣具屋さんで実際に手にしてみることをお勧めします。私は不意の大物に備えて、2000番を使っています。

⇒仕掛け
好みですが、やはりお店で勧めるものがベストと思います。
私は「競技針」より懐のある「流線針」を使います。針掛かりが良さそうに感じるので。ハリスは1号で十分ですが、根から出てきたカワハギや、掛かったキスにマゴチなどが食いついてくる可能性もありますので、保険の意味で1.25号を使います。太くても1.5号まででしょう。針数は2本でも3本でもそれほど釣果には影響ないと思います。が、3本はマツリやすく、手返し重視なら2本。

ペン 釣り方(参考までに)
キス釣りは、まず広く投げてみて、軽く小突くように仕掛けを曳きながら、砂地の「駆け上がり」や「ヨブ(くぼみ)」などの海底の変化を探って、キスが集まっているところを探ることが基本。キスはそういったところに集まっている確率が高い。
餌付はタラシ(針に掛けた餌のアマリ)をあまり長くしないほうが食い込み(吸い込み)やすいと思います。キスが1匹釣れたら、その辺りを狙い続けてみてください。釣れなくなったらサッサと見切って、別のポイントを探って行くのが釣果を上げる事につながります。
大きな合わせは要りません。喰い渋っているときは、アタリがあったら一度そこに餌を置くような感じで誘ってみてください。プルルがプルルルルルに変わったら、針掛かりしていると思っていいでしょう。手持ちに加えて置き竿で、船下を狙うのもいいですが、ヒトデやウミケムシの餌食になる確率が高くなります。いずれにしても竿先のアタリに集中しましょう。

マゴチ【マゴチ釣り】

タックル
これもマゴチ専用竿がお勧め。キス竿でもできますが、外道に万力のエイが来たとき、竿がもたないかもしれません。手持ちの人は2.1mか2.4mで、置き竿なら2.7mがお勧めです。
リールはベイトタイプ。下巻きをして、PE3号が100mも巻ければ十分ですが、エイ対策としてABUの5000クラス程度は欲しいですね。大型には完全にノサれますから(ちなみにエイは食べられますが、上がったら、ハリスを切って身の安全のため即リリースです。尻尾でブスッとやられないように)。

⇒仕掛け
15号程度の鋳込み天秤か三日月錘にハリスはフロロの4か5号1.5m。針は丸セイゴ17号がお勧め。チモト保護のために3cm位透明なパイプを通しておくとマゴチの歯でバラされるのをある程度防ぐことができます。チモトをハリスで二重にする方もいますが、パイプの方が簡単です。
波が強い時は錘20号で竿先を落ち着かせましょう。アタリが分かりづらくなるので。

ペン 釣り方(参考までに)
キスを釣りながら(餌となるピンギス、メゴチを確保)、となりますから置き竿になります。バケツで釣れた餌を活かしておきますが、夏は弱りやすいのでブク(小型の空気送りポンプ)があれば万全。海水をマメに取り換えてもいいですが、やはりブクがあった方が餌は弱り難いです。
針は、餌となる小魚の上あごに通しましょう。錘が底に着いたら、ハリス分底から上げます。竿の先にコツンとかクンクンとかいった不自然なアタリがあってもすぐに竿を手にしてはダメです。マゴチはまだ餌を咥えているだけで、そのアタリが大きくなるまで待ちましょう。竿先がグッグッと引き込まれたら竿を手にして少し手を伸ばして送り込みます。そして、グーンと強い引き込みが来たら(ここからが博打みたいなものです)、意を決して頭上高く、底に張り付いているマゴチを引きはがすようなつもりで合わせてください。
マゴチの口に針が貫通していれば竿先が海に突き立ったままです。取り込みは必ずタモで。自分を信じて、合わせをくれてやってください。

アオリイカ【アオリイカ】

タックル
キス狙いの場所なら下が砂地ですから「エギング」スタイルで狙ってもそれほど根掛かりすることはありません。竿はキス竿でも対応できます。本気の人はエギング用タックルで。私はシャクリ用の短竿に中錘を付けてしゃくります。
ただし、この時期はアオリイカのいるポイント(根)と違う場所である事もあります。まあ、コウイカは狙えますが。釣れればラッキーくらいの気持ちでキス釣りの合間に仕掛けを変えてあまり強くシャクらないでノンビリと狙うのもいいですね(初夏は大型に巡り合える確率が高いので、もしキロクラスが来たら、楽しいファイトになるでしょう)。

⇒仕掛け
私は8号の中錘にハリス4号、アピールを大きくしたいので4号か3.5号を使いますが、3号くらいで十分です。エギングで狙う方はいつもの餌木で。色はオレンジかピンク系が無難です。迷い始めるとキリがないですから。

ペン 釣り方(参考までに)
まあ、「あまり期待しないでノンビリ、ユックリ」やることです。本気で狙うなら、お店の人にアオリ狙いのポイントを聞いてアオリ一本で勝負! 春から初夏の産卵前のヤツが来ればデカイでしょう。エギングスタイルなら、2馬力ボートの方が広くポイントを移動できるので、断然有利です。

<秋の釣りもの(9月中旬から11月)>

カワハギ【カワハギ】

タックル
これはもう専用竿がないと釣りにならないと思いますが、まあ、長さは好みとして8:2くらいの先調子の竿があればそれで。中には7:3くらいの柔らかめの竿で「宙釣り」をやっている人もいます。が、基本は「叩き&弛ませ」でしょう。釣り方は船でやる場合と変わりません。
とにかく仕掛けをジッとさせておくと、餌を取られてツンツルテンです。リールはベイトリールでPE2号が100m程度巻けるものなら何でもよいと思います。お好みで。

⇒仕掛け
これもキス同様、お店で勧めるものがベストと思います。3号ハリスに3本針で決まりでしょう。悩むとしたら針ですけど、セイゴ針の方が吸い込ませやすいようには思います。掛け優先ならハゲ針。

ペン 釣り方(参考までに)
このカワハギ釣りですが100人いれば100通りの釣り方があるといっても過言ではないです。私、このカワハギには数ある釣りの中でも一番熱くなります。殆ど「カワハギの給食当番」となってしまい、その辺の事は兄弟サイト「船釣り 釣れる時は釣れる!」の「色々船釣り編」の中に書いてありますので、よろしかったらそちらも読んで笑ってやってください。必ず釣れるコツがあれば私が教えてほしい!
まあ、底をメインに狙う釣りですから、とにかく、底を取って、餌を動かし続けることが肝心です。トラギスやベラ、キタマクラ、ネンブツダイ等の外道はこの釣りをする以上、お友達になるしかないですね。基本は外道避けの「叩き」でしょう。釣り方は船でやる場合と変わりません。

アジ【アジ】

タックル
アジだけと言うなら竿は何でも、と言いたいところですが、この時期はショゴ(カンパチの子)やワカシ(イナダの子)など、けっこうな型の青物が来ますので、一応20~30号負荷の2.1mか2.4m位の竿をお勧めします。

⇒仕掛け
仕掛けはサブマリンのコマセカゴにサビキ仕掛け。私は掛かったアジに喰ってくるもしもの大物に備えて(ヒラメ、ショゴ、ワカシ)幹3号、ハリス2号のややヘビーなものを使います。錘は15号程度で問題ありませんが、うねりが強くて置き竿が跳ねるときには50号を使う事もあります。
テンビンを使って1本針のオキアミ餌でやっていた時期もありますが、巨大ボラに弄ばれて止めました。面白いですけど。サビキなら群が回ってくれば、アジ、イワシと、それに喰ってくる青物等で色々楽しめます。まあ、そんなに頻繁に群れは回って来ませんが。

ペン 釣り方(参考までに)
サビキでのアジ釣りに特別なコツは要りません。置き竿でも、手持ちでも。ビシアジでもやるのなら底取りが重要ですが、浅い湾に入ってくるアジやイワシの群れは特にシビアな棚を意識しなくとも釣れます。時々棚の位置を底からハリス分、底から3mと、定期的に探ってみると大当たりが来ます。
あと、コツではないのですが、コマセの釣りは「(釣り)場を作る」という事ですから、あまりボートを移動せず、店の人が教えてくれたポイントでジッと粘る方が釣果につながります。「アジ釣りは動くな」が鉄則(?)。私は置き竿でアジ、手持ちでカワハギのスタイルでやります。アジ狙いのコマセはカワハギを寄せる効果もありますよ。コマセを喰って胃袋パンパンのカワハギがいます。 

アオリイカ【アオリイカ】

タックル
カワハギを狙うポイントですから、根がきつい場所になります。そこでアオリイカを狙うとなると根掛かり対策が必要で、エギングスタイルではなく、8号程度の中錘を入れてのシャクリスタイルがお勧めです。中錘で底を取ってハリス+数十センチでやりますので、根に対応できます(メバル竿でもできますが、長過ぎる)。浅い場所が多いので、ベイトリール用のキス竿かアオリイカ専用の短竿がお勧めです。2馬力ボートで沖目に出られる方はエギングで。

⇒仕掛け
餌木はシャクリですので、アピール性を上げるため(投げませんし)、私はこの時期、4号をメインに使います。沈下のアクションを大きくするためハリスの長さは4mはあった方がいいですね。リールはPE2号が100程度巻けるリールでしたら何でも。

ペン 釣り方(参考までに)
この時期は一発大物ではなく数狙い。手漕ぎボートでは沖に行ける距離が限られてしまいますので、これまた「あまり期待しないでノンビリ、ユックリ」やることですね。
実際、カワハギの合間にやりますからシャクリではそんなにゾロゾロと来ません。もしアオリ1本で狙うなら、やはり、アオリイカポイントで広く探るエギングです。やはり2馬力ボートの出番となります。私は手漕ぎ専門なのでエギングはやりませんが。

以上、拙い内容ですが、私の楽しみ方を参考までに書いてみました。これが絶対ではありません。お店によってはもっとライトな釣り方を勧めるところもありますし、(今は少ないですが)もっとヘビーに石鯛狙いをする方もいます。黒鯛(チヌ)も鱸(シーバス)も狙えます。

要は、自由であると云う事です。最低限のコツはあるにしても、いろんな釣り方にトライして楽しめるというのは、ボート釣りの大きな魅力の一つです。しかも、比較的手軽に、です。

気ままにボート釣りを楽しみましょう。

ボート釣りで遊ぼう 目次へ



★ボート釣りあれこれ 免許不要の2馬力ボート
★ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの
★ボート釣りあれこれ ご注意! 危ない魚たち
★ボート釣りあれこれ ボート出船の見極め(基準)
★ボート釣りを始めるなら

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■これからボート釣りを始められる方のご参考にでもなれば。
ボート釣りを始めるなら…
■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。

海のボート釣り フィッシングストア

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト

「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.