ボート釣りを始めよう!

「キス&マゴチ」釣行記2013年8月29日~


2013年8月29日(木曜日)
結論から書きます。ボート釣りには行けません。というより、今回は中止です。右肩を痛めて、6月15日以来ボート釣りには行っていません。船釣りでイサキやマダイを楽しんでいました。船だと左手だけでも何とかなるのですけど、ボートはオールで漕がなければなりませんから、右肩を痛めているとボートはどフックでしか進みません。で、ようやくオールを漕げる位には肩の状態が良くなったので、「さあ、ボート釣り!キスよ、マゴチよ、週末まで待っててくれよ!」と、意気込んでボート屋さんに電話を入れようとしたら、家人の声。「天気図、見て…」。気象庁HPの天気図を見てみると…。

天気図正直言って、「何じゃ、こりゃ…」ってな感じです。台風が発生している事は知っていましたけど、数日前の予報では大陸方面へフックしていくと思っていました。それがスライス気味に日本列島へ。しかも、前線が太平洋方面に離れて行っているのはいいのですが、頼みの太平洋高気圧はショボイ位置で足踏み、台風まで入れたらこの天気図の中に12もの高気圧と低気圧がくんずほぐれつ状態…。

しかも外を見ると嫌な事にやや北寄りからの風。これから北東の風、「ならい」(房総の方は「ならえ」とか「なれぇ」とかって発音します)が吹くとしたら、この後に台風の影響で南からの強い風が吹いて海が荒れる予兆…。漁師にとっては悪い風だそうです。

しかし、こんな天気図見たの、初めて。予報官の人は大変でしょう。陸ならまだしも、海の上はどうなる事やら…。確かにボート釣りを始めて天気図や予報には敏感になりましたが、こんな天気図を見るのは初めて…。諦めざるを得ません。船釣りなら少々の海況でも出ますが、ボートはそうは行きません。

ことさら異常気象とは思いませんが、確かに今年は水温が高すぎる。魚は高温を嫌って深場に散ってしまいます。人間と一緒。どうりで最近は釣果が芳しくない訳です。北海道でトラフグやイシガキダイが獲れているようです。地元の漁師の人は見た事がないとか…。水温が高いので魚が北上しているのでしょう。だから、本来本州近海にはいない筈の「猛毒ヒョウモンダコ」が南房総まで来るのでしょうね。

むりやり釣行記を書く訳ではありません(中止ですけど)が、遠足の日に雨が降ってしまったような気持ちは大人になっても同じですね。今週は台風をやり過ごしましょう。貧果など畏れはしませんが、自然相手では…。さ、気分を切り替えて来週来週。

■本日の釣果:当然、何もありません。夕飯に今シーズンの初サンマを買ってきて食べました…。

2013年9月7日(土曜日)
天気予報を見ると7日の土曜日は「曇り、風速2~3程度、波は東京湾で0.5m、館山沖で1.0m、風は北北東」。先週は結局土日とも不出船でボート釣行を諦めました。今週も弱い台風が来ているので諦めかけていたのですが、土曜日にポコッと良さげな予報。これは「行く!」。即ボート屋さんに電話して予約。やはり天気を懸念してか、あまり予約が入っていない様子。絶対大丈夫とは言い切れませんが、この予報で出船できなけりゃ、まあ、納得するしかない。

で、頼むから出てくれ、と念じつつ高速を走ります。途中の吹き流しはダラリと、無風状態。陸と海の風は違うのですが、ここで吹き流しが30度以上浮き上がって入れば、不安モード。

浜浜に降りるともうボートは出船の準備。海も穏やか。よっしゃ!とばかりにそそくさと準備開始!「待っててくれよ、マゴチくん!」。ここのところ、水温が高すぎる為か、キスの釣果は芳しくないようなのですが、私の本命はマ・ゴ・チ!1日やって1度アタリが出れば御の字の釣りものですが、狙わねば釣れません。私にとってキス釣りは半分「餌釣り」のようなもの。

予定時刻に出船。四艘ある2馬力ボートの方はみな予約が入っているようです。とにかく久々のキス&マゴチ釣り。少々風は吹いていますが問題無し。右上の画像のように海況も良し。潮は薄濁りでほぼ凪状態。否が応でもやる気が湧いてきます。ちなみに、キスの釣況が芳しくないのは海水温の高さが原因と考えていたので、今日はいつものお気に入りポイントを捨てて、沖目に出てみようと考えていたのですが、船長曰く、「沖はダメだね。浅場の方がいいよ」とか。もちろん沖目といっても手漕ぎで行ける範囲ですけど、2馬力の人はかなり沖の根まで行きます。いつもより少々丸根(岸から一番近い、湾内の北側、右手の根)寄りの浅場でボートを離されました。しばし、今日の戦略修正(ポイント選びだけですけど)を黙考。潮通し重視で根際から離れ、少しだけ沖目に移動。その先に駆け上がりがあるので、そこからやって見ようとまずは第一投。

チャリコいきなりチャリコの猛攻です。今年も放流されていたのか…。それに混じってチヌの幼魚。もう、仕掛けが着水すると同時に喰ってきます。その状態が1時間以上続き、参りました。キスはゼロ。マゴチの餌(ピンギスか、メゴチ、イトヒキハゼ等)が無い…。頭の中に「キスでも、ボウズってあるのかな…」などという、不安が渦巻き始めます。ホント、アクセサリーにでもしたいようなチャリコが元気に釣れ続けます。たまに、ヒイラギも来ます。餌をキスに見つけてもらう前に、全てこやつらが喰ってしまいます。

移動を決心。とにかく沖目はダメという事なので、こうなったら、やはりお気に入りのポイントへ移動。しばらくはここでもチャリコの猛攻を受けますが、何とかようやくキスGet!まさにホッとした心境。しかし、マゴチの餌には大きすぎる…。メゴチも釣れましたがミニメゴチ。これでは、マゴチに気づいてもらえない大きさかも。とはいえ、仕掛けを降ろさない事には釣れるはずもありません。とりあえず、ミニメゴチを餌に、マゴチ仕掛けを投入。

しばらくして、食べごろサイズ(マゴチにとって)のメゴチがようやく釣れました。即、餌交換。そのうちに、風が少々強くなり始め、西側に変わってきました。アンカーを起点に船の向きが45度くらい動きます。近くには他のボートが少ないから「ドテラ流し」も考えたのですが、少々風が強くなり断念。危ないですから。その代り、風向きがけっこう変わるのでちょうど良い「掛かり流し」状態。

マゴチで、餌交換から30分位経った時、マゴチ竿の穂先がひったくられたように海面に!こんな強いアタリは珍しい。ヒラメやマダイ(ヒトツテンヤ)でもたまにありますが、前アタリ抜きでガツンときました。しかし、ここで慌てて合わせるとすっぽ抜ける事が多いのです。やはり、今少し餌を呑みこませて(魚餌ですから)…、と、竿を少し送り込んで、更に引き込まれた時、エイヤッと大合わせ(ヒラメと同じように、テープを底から剥がすような感じで。ヒトツテンヤは鬼合わせ)!竿は満月、これは大きい!と思うといきなり突っ込まれました。まあ、水深10mですから、そんなにやり取りする訳ではありませんけど、それでも2度ほど突っ込まれました。薄濁りの海面にウネッと姿を現したのは、良型のマゴチ!

こういう時って多分、皆さん同じでしょうが「頼む、バレるな!神様!」って心境ですよね。水面で暴れます。ルアーではないので針掛かりの状態が分かりません。タモ入れ、一発!「獲ったぁ!」。至福の一瞬です。53cmのマゴチ!久々の50cmオーバー。たまにペアで来るマゴチも狙って、再び仕掛けを投入しましたが、柳の下の泥鰌は一匹でした。先週の平日にも50cmオーバーが上がっていたので期待はしていたのですが、ウレシー!
波
その日はキスも数はいきませんでしたが、20cmオーバーも5匹位出て、十分に楽しめました。しかし、やはり徐々に風が強くなり、他のボートは早めに引き上げていきます。更に風と波が強くなってきて、ボートはサーフィン状態。ついに、船長が「危なくなってきたから、上がりましょう」の判断。まだ、やっていたかったのですが、安全優先。11時過ぎに早上がりです。出船時にはほぼ凪状態だったのですが、湾にもウサギが飛び跳ね始めました。浜に上がった時の海は上の画像のような状況。

今日の釣果最後は海況がいきなり悪くなりましたが、とにかくマゴチが釣れれば大満足です。楽しい一日でした。しかし、チャリコの猛攻には、去年同様、参りました。放流事業が大切なのはわかるのですけど…。
ちなみにこの日は釣り情報の取材が入っていて、2馬力ボートでチヌを狙っていたようです。40cmクラスを釣られたようで、取材成功でよかったよかった。しかし、やはり2馬力ボートは人気が高まっているようですね。ちょっと私も興味が…。

■本日の釣果:マゴチ53cm1匹、キス良型ぞろいで23匹(時合は後半で、もっと伸ばせたのに…)。

2013年9月20日(金曜日)
中秋の名月前日の「中秋の名月」は誠に見事な満月でした。ホント、吠えたくなる位に見事。しかし、遥か南の方には不穏な気配。台風です。太平洋の高気圧により大陸方面に移動していくという予報でしたが、長く釣りをやっていると、天気図には敏感になるものの、本心は「天気予報なんて、海に行ってみなきゃ分からない」であるのも事実。前日、大荒れの海況といった予報が出て、海に行ってみると凪…、とか、快晴無風の予報がまるっきり外れたりと…。まあ、以前に比べれば格段に天気予報の確度は上がっていますが、そこはどこまで行っても「お天気」。

特に台風の影響が海にどう出て来るかは一番分からない所です。四国沖に来たら釣行は諦めますが、それほど影響のない場合もあります。九州辺りにいても既にウネリが大きくなっている事もあります。西に進路を取っていた台風が急に北上し始め、アッという間に本州へ、という事もあります(先週の台風)。で、ここはボート店の船長に連絡して相談。少々、風が強くなっている様子。先週の台風ではこれまでに見た事もないような波浪が湾を襲ったらしい。電話した時も「まあ、風次第だけど、明日は大丈夫だと思うけど…」との返事。で、その時「今日はもう、ボートを曳いて上がってるとこだよ」とか。時計を見ると11時ちょっと…。「え、早上がりジャン…」。こうなったら優柔不断は禁物。避けるなら避ける、行くならいく!で、土曜日は避けて、速攻、今週は金曜日に予約。マゴチ釣りたさで、仕事は休み。

翌日の朝、まだ見事な満月が天空に。日付は変わってもまだ十五夜で十六夜ではないのでしょうね(?)。平日ですから、未明の高速はガラガラ。浜に着くと、少々風がありますが、バッチグーの海況。今日は手漕ぎのお客さんは少ないですけど、2馬力ボートは3艘予約が入っていますね。3連休だと多分、もう取れないでしょう。やはり、人気があります。

マゴチ釣り船長に最近の釣況を聞くと、先週の台風の影響か、中々潮の濁りが取れず、キスは苦戦との事。まあ、私はマゴチが本命ですけど、キスが釣れないという事は「餌」が釣れない…。ちょっと、不安が…。渚には台風で打ち上げられたカジメやらゴミの山。船長と相談して、朝の払い潮が強そうな湾真ん中あたりの浅場寄りで釣り開始。潮はやはり濁っています。が、それほど絶望的な濁りには見えません。「まあ、天気はいいから何とかなるでしょう」位に考えていたのですが…。

最初、立て続けに数匹の良型キスが釣れたので、一安心したのですが、そこから静かな海に…。元気者のヒイラギすら来ません。先々週はその猛攻に苦しまされたチャリコも来ません(一匹も…)。それほどの濁りでもないと思っていたのですが、仕掛けを入れて確かめると、やはり2m弱程度しかありません。底の方にはかなりの濁りが滞ってる様子。しかも、潮がピタリと止まって、動いていたのは開始早々の30分と途中の1時間程度。結論から言ってしまうと、その日は大貧果。良型とはいえ、キス、ツ抜けもできず…。

私にしてはけっこうボートを移動させたのですが、どこもダメ…。もう、どこへ移動をしようとも、釣れる根拠が見つからない…。時計を見るともう10時半。マゴチ竿はピクリとも動かず…。キスが良型なので餌にもできず、やっと来たメゴチ1匹も根掛かりで喪失。それでも仕掛けを入れておかなければ釣れない事だけは確実。そこそこの大きさのイトヒキハゼが釣れたので餌に…。イトヒキハゼでも来ますが、やはりメゴチが欲しい。状況的には、全く釣れそうな気配は無し…。現時点で、キス5匹のみ…。

11時近くでしょうか、潮は相変わらず動かず、腹が減ったのでパンを喰っていると、マゴチ竿の先がグーッとゆっくり、引き込まれていきます。思わず、アンカーロープに掛かったかと思いました。しかし、アンカーロープは伸びきっている筈なのでそんな事は…。しかし、さらに竿先が入っています。やっぱり根掛かりか、もしくはエイか…、と思って竿を手に取って軽く聞き上げます。すると、ククッと来る生命反応。慌てて少し竿を送りマゴチ込むと、グッと竿先が引き込まれます。反射的に合わせを入れると、けっこう強い引き込みで、竿が満月に!ウネりながら上がってきたのは良型のマゴチ!潮が濁っていたので姿が良く見えず、最初はヒラメかと思いましたが、マゴチでした!しかも、55cm! すぐさま二の矢を打とうとキープしていたイトヒキハゼを餌に仕掛けを投入しようとしましたが、ボートに挙げたマゴチが元気よく飛び跳ね、仕掛けがすぐには外せません。頭をタオルで押さえつけ、ちょっと手返し悪し…。即、次の仕掛けを入れれば、もう1匹来ることがあります。アオリイカとマゴチは、釣れたやつを追っかけて、もう一匹来る確率が高いのです。夫婦か、親子か、友達なのかは分かりませんけど。しかし、珍しいマゴチのアタリ方です。普通はスッスッとした前アタリがあるのに。

今回も一匹のみ。いや、贅沢を言っては罰が当たります。あの状況で、よくマゴチが来てくれました。多分、濁った底を動いた時に、私の仕掛けのイトヒキハゼが目の前に現れたのでしょう。それで、思わずバクッと…。釣れる時は釣れるのです。本人が諦めかけていようとも。しかし、キスがドスカンピンなのに、良型のマゴチがゲットできるとは、ラッキー!

ガザミその日はおまけに珍客が来ました。なんと、ガザミ(ワタリガニ)。どうやって釣れたのやら、キス仕掛けに付いていました。いったん逃げられたのですが、タモ一閃、腕を伸ばしてボート下から掬い上げました。家人に言わせると、私がボートから落ちたと思ったようで…。タモ取りはけっこう難しいものですけど、夢中になりますから、気を付けましょう。

沖の方に出て行った2馬力ボートはチヌにメジナにアジと大漁だったようです。さすがに、水深が15mになる沖は海水の交換があって浅場程は濁っていな今日の釣果かったようです。やはり、2馬力ボートの機動力という事でしょう。まあ、私はマゴチ本命なので沖の根に行く必要はありませんけど。マゴチが釣れれば上機嫌です。
キスはちょっとイマイチでしたが、オマケのガザミ(ワタリガニ、150g)でちょっとゴージャスな味噌汁を堪能。美味かった。ちなみに、カニは「杯」で数えると思っていましたが、これは死んだカニの場合で、生きているカニは「匹」で数えるようです。

■本日の釣果:マゴチ55cm1匹、キス良型ながら9匹(キビシー!)、ガザミ1匹。

ボート釣行記 目次へ



★ボート釣りあれこれ 免許不要の2馬力ボート
★ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの
★ボート釣りあれこれ ご注意! 危ない魚たち
★関東 ボート店リンク
★ボート釣りを始めるなら

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■これからボート釣りを始められる方のご参考にでもなれば。
ボート釣りを始めるなら…
■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。

海のボート釣り フィッシングストア

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト

「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.