ボート釣りを始めよう!

「キス&マゴチ」釣行記2016年9月25日~


2016年9月25日(日曜日)
長く家庭の事情で、ボート釣りはもとより、船釣りにも行っていませんでした。何とこれが今年初めての釣行となります。最後の釣行から約1年ぶり…。9月の長雨が一区切りついて、やっと船が出られそうな日並みに! とにかく、釣りに行きたいの一心で、まずボート釣りから。勢い勇んで予約の電話をすると、日曜日ながらまだ空いていました。早速予約! しかし、船長からいきなり冷や水を浴びせかけられます。「でも、釣れないよ…」。この船長、商売っ気がないというわけではないのですが、正直です。「釣れない」なんて、それは内心分かっているのです。この長雨で海がどうなっているかなんて…。なんせ、9月に入ってこの地区で陽が照ったのは2日程度…。あとはまるで梅雨のような日々。猫が外で遊べなくて、イライラ(元が野良なので、外に出たがる)。トーちゃんもこの長雨にイライラ…。

雨が続くと海は当然水温が下がり、台風だとそれがかき回されて、お決まりの「底荒れ」が起きます。また、川からも真水と泥が流れ込み、海の状態は最悪に…。こうなるとお魚さんはおとなしく身を潜めて、エサを追ってはくれません。つまり「釣れない」のです。これはどうしようもないことなので、対抗策は、そんな時期には釣りを諦めることです。鹿島辺りのヒラメで有名な船の船長は、前日に大雨が降ると「川からこんなに真水が入っちゃ、明日はダメだ」と、お客に連絡をよこします。当然お客も釣行を諦めます。もちろん、そんな日でも釣れることはありますから絶対ではないですけど、まあ、経験から言って、まず釣れません。

しかし、釣れる釣れないではないのです。とにかく、海に釣り糸を垂れたいのです。釣りがしたいのです! 9月の末にやっと来た穏やかな天気に、もう辛抱たまりません。

浜1年ぶりの釣り! 気分は否応なく盛り上がります。房総半島を南へと高速を飛ばし、浜に降りれば久々の湾の景色。曇っていますが、無風。お客さんがけっこう集まっています。久しぶりの釣りなので段取りに少々戸惑いますが、準備を終え、ボートへ。ちなみに、グループ客がいましたが、ちょっとうるさい。盛り上がって楽しいのは分かるのですが、他のお客のことも考えましょう。で、よくいるのですが、浜でキャスティングの練習を始めたり、曳舟で船が移動している時にもキャスティングしたりと、これは危ないとかどうとか以前にマナー違反です。出船と、移動中には危険な瞬間がありますから大人しくしていましょう。なんてことはおいといて、やはりボートでも船でも出船するときのワクワク感はたまりませんね。頭の中にお魚さんが泳ぎ始めます。帰りには明暗がはっきりと分かれますが…。

チャリコ私はマゴチ本命。いつものポイントへボートを止めて、アンカリングします。さあ、釣りの始まりです。30分…。何も起こりません…。1時間…。何も起こりません。水色はそれほど悪くはありませんが、よく見ると細かい砂の粒が漂っています。底荒れはまだ収まっていないようです。風もなく、潮も動きません。1時間半…。何も起こりません…。ヒイラギさえ来ない…。マゴチのエサも釣れない…。と思っていると、竿先をドンと引き込まれましたが、これはチャーリーですね。タイ飯にするにはちょっと不憫なサイズ。リリース。まずは今年初めての魚が竿先を小気味よく叩いてくれました。楽しい~♪

2時間…。チャーリーの一発芸以外、何の当りもないので、さすがにボートを移動します。しかし、釣れない理由が分かるが故に、移動しようにも、沖か浅場か、岸寄りか根か、移動の根拠が見つかりません。湾全体が静かになっているのです。とりあえず気分転換程度に移動…。

アナゴまあ、釣れないのを承知でやっているのですが、ここまで生命反応のない海は年に何度も遭遇はしません。なんせ、あのヒイラギさえも来ないのです。何匹かキスを拾い釣りしますが、針の掛かりは浅い。やはり「口を使って」いません。たまたま、目の前にエサが来た時に反応しているだけでしょう。と、長いマッタリとした漂流時間の中で、竿先がジワッと引き込まれたのでユックリと聞き上げてみると、「?…」、ウネッと強い引き込みが! キスではない、チャーリーでもない、この当りは!? 頭に浮かんだのはダイナンウミヘビ…。しかし、それでも竿が引き込まれれば楽しい。上がってきたのは40cmを超える、ア・ナ・ゴ…。

アナゴ何で、こんな昼間からアナゴが…! ハイ、これこそ「底が荒れている状態」の証拠です。そんな時、昼間にでもアナゴが釣れることがあります。湾の底が「夜」のような状態ということです。ちなみに、東京湾で釣れるアナゴは、マアナゴにクロアナゴがポピュラーで、マアナゴは側線の点々が特徴。クロアナゴは黒っぽい体色(マアナゴのような点々の側線は無し)と背ビレの黒さが特徴です。このクロアナゴ、体長が2m近くにまでなるらしく、それを狙って湾奥のゲームフィッシングになっています。さすがにそこまで大きいと食べても美味くはありませんが、マアナゴと同じくらいの大きさなら食せます。まあ、美味さはマアナゴに及びませんけど。で、私が釣ったのはクロアナゴだと思っていたのですが、家に帰って捌こうとしたとき、ちょっと見た目がクロアナゴとは違うような…。調べてみると「ゴテンアナゴ」のようです。同じような仲間にハナアナゴというのがいるようですが、当然どれも食べられます。

キスは不調(マゴチも)ですが、とりあえずの獲物に救われたような思い。白焼きか天ぷらで美味しくいただきます。今日は「釣りをした」ということで良しとしましょう。これほど無反応な海ではいかんともしがたし。これも仕方ありませんが、釣り。ちなみに、他の人も同じような釣果…(初心者の方でボの字が…)、のようです。底荒れが収まるには1週間くらいかかるでしょう。月が変わって水温がもう少し下がればカワハギも狙えます。「釣りは釣果が全てでは無し」と自分に言い聞かせて帰路につきました。今度は大漁…、の思いがムクッっと…。

■本日の釣果:キス4匹、アナゴ1匹…。ウッ…、こんな日もある…。 

ボート釣行記 目次へ



★ボート釣りあれこれ 免許不要の2馬力ボート
★ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの
★ボート釣りあれこれ ご注意! 危ない魚たち
★ボート釣りあれこれ ボート出船の見極め(基準)
★ボート釣りを始めるなら

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■これからボート釣りを始められる方のご参考にでもなれば。
ボート釣りを始めるなら…
■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。

海のボート釣り フィッシングストア

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト

「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.