ボート釣りを始めよう!

海のボート釣り ルアーな人たち


 えー、最初にお断りしておきますが、私はルアー釣りにはあまり興味がありません。ですから、ルアー釣りなるものはやったことがありません。ただ、アオリイカ釣りでは餌木(エギ)を使いますが、これもルアーのようなものでしょうか? ルアーを使った釣り、つまりルアーフィッシングの定義なるものを、Wikipediaの解説を借りて表すなら「ルアーフィッシングとは、生き餌を使う従来の釣りとは違い、疑似餌(ルアー)を用いて行う釣り。スポーツ感覚で若い人から大人まで幅広い層で支持され楽しまれている」。ということだそうです。であるなら、生き餌を使わない釣りということで餌木もルアーとなるのでしょう(かね?)。アジなどを狙う時のバイオイカタン(樹脂製のイカタン)やサビキ、イサキを狙う時のカラー針(色付き針で餌を付けない)もルアーになるのかな…?

スズキ シーバスまあ、細かい定義は置いといて、スズキ(シーバス)釣りや淡水のバス釣りなどで使われるものがルアーってな事でいいのでしょう。ジギングってのもありますね。これは、メタルジグという金属の擬餌エサを使用して、ジギング専用のタックルでヒラマサなんかの大物を狙う釣りのようですけど、PEという強度の高いラインが開発されたことで生まれた釣法でしょう。見ていると随分と忙しそうな釣りです。ひっきりなしに竿を煽って、水中のメタルジグにアクションを加えているのでしょう。最近ではアジングとかメバリングなんて言葉ももう定着して、気軽に波止なんかから専用タックルとルアーで狙って楽しむ人が増えているようです。

ですけど、多分ですが、釣れる釣れないということに関して言えば、「生き餌」には敵わないと思います。昔、バス釣りの大会でコッソリと「エビの生き餌」を持ち込んで失格になったプロバサー(プロのバス釣り師)がいたようですけど、どうしても勝ちたくて、「生き餌」を持ち込んだのでしょう。ヘラ釣りは「生き餌」禁止です。釣れるからです。海で釣るイカなんかも、餌木よりも釣れたキスに齧りついてきます。腹が立つことに、獲物を横取りします。マゴチも、釣れたキスに食いついてきます。これは、嬉しい。サビキで釣ったイワシにヒラメやワカシ(イナダの子)、ショゴ(カンパチの子)が喰いついてくることもあります。これまた嬉しい。やはり、「生き餌」の醸す匂いやアクションが自然と彼らの捕食本能を刺激するのでしょう。まあ、当たり前のことですけど。

で、ルアーはソフトにしろメタルにしろ、その動きをロッドアクションで「生き餌」のように見せ、魚をゲットするのでしょうけど、故にゲーム性が高く、結論的にはなかなか釣れないと思います。あくまでも「生き餌」と比べて、ですけど。

2馬力ボート ルアー釣り海のボート釣りでも、ルアー釣りを楽しむ方が、免許不要の2馬力ボートの出現で、最近多くなってきたように思います。ルアーマンが釣ったショゴをいただいたこともあります。が、私は「生き餌」派。ってゆーか、今更ルアー釣りを始める事に特段の必然性も感じませんし、正直あまり興味も湧きません。しかし、釣具店に行くとその売り場の風景は昔と随分変わったと思います。ルアー用のロッドと多種多様のルアー売り場が相当の勢いで広がっています。ルアーやジグを見てもどれが何だかよく分かりません。しかし、その種類の多さには圧倒されます。

で、ルアーに興味が無いのなら、こんな記事書くなよ、って言われそうなのですけど、海のボート釣りでルアーを楽しむ方を見ていると気になることがけっこうあるので…。あの、釣り方自体は各人の好き好きなのですけど、海と湖沼とではその波が違います。バス釣りをする人は船の上に立ったり椅子に座ったりして釣っていますが、海のボートでそんな釣り方をしたら、かなり高い確率でご入水となります。海のボート釣りで、ボートの上に立ったりするのはご法度です。クーラーに座るのも。要は重心が高くなることが非常に危険なのです。ボート内で移動するとき(アンカーの上げ下げなど)は重心を低くして「這いつくばって」動くのが鉄則です。実際、ボートの上で重心を高くして、落水する方がいます。海の波は不意に大きくボートを揺らします。ボート店の船長が注意するのですけど、なかなか…。

あと、やたらとあっちこっちにルアーを投げまくるので、夢中になっているのか、周りが見えていない人がいます。ルアーが怪我をするほど重くなくても、そこには針が付いています。バーブレス(返しを潰している針)であっても、針の鋭さは人を傷つけます。獲物から針が外れて自らに飛んでくることもある訳ですから、ルアーマンがサングラスをしているのはオシャレというより、飛んできたルアーから目を守るためです。帽子も。また、あちこちを探ってみたいのでしょうけど、いわゆる「ドテラ流し」という、アンカーを打たずに風任せで船を漂わせる人が多いですね。これ、360度に気を配るのは難しいですよ。私、ぶつけられそうになって何度か不本意ながら怒鳴りつけたことがあります。気分が良いことではありません。

要するに、ルアーだけに限ったことではなくて、海のボート釣り自体のマナー、安全の問題なのですけど、ルアー釣りは比較的若い人や、初心者でも手軽にできるためか、そのマナーや安全に疎い感じの釣り人が多いように思います。最近は船釣りでも従来の「餌釣り」の船にルアー客を混在させて乗せたりする場合があります。釣り方が違うので仕掛けがマツッたりし易い。釣り人口が年々減っている中で、ルアーが業界の活性策になっているのかもしれませんけど、「マナー、安全に対する啓蒙」にも今少し力を入れてもらいたいものだと思います。まあ、従来の餌釣りの釣り師が礼儀正しい紳士ばかりとは全く思いませんけど、少なくとも歴史があるので、関係者の「マナー、安全」に対する意識はその分、高いですね。

って、オヤジの説教臭い記事になりましたけど、オヤジですから。このサイトのコンテンツにも書きましたけど「マナー=安全」なのです。楽しい遊びで不用意な怪我をするなんてバカバカしい事この上ないことです。安全第一。

で、話は変わるのですが、マゴチを釣るときに餌となるべき生き餌のキスやハゼ、メゴチがなかなか釣れないという日もあります。が、どうやらマゴチ用のルアーというものがあるようではないですか。これは興味津々。どんなルアーでどうやるのか、試してみる価値あり。ちなみに、カワハギ用のルアーってあるのかな。あのオチョボグチに針を掛けるルアーがあったらスゴイ! って、ある訳ないか…。

ブログ風 ボート釣行記 目次へ




■これからボート釣りを始められる方のご参考にでもなれば。
ボート釣りを始めるなら…

アクセス数ベスト5コンテンツ
★ボート釣りあれこれ 免許不要の2馬力ボート
★ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの
★ボート釣りあれこれ ボート出船の見極め(基準)
★ボート釣り 必要最低限の準備
★ボート釣りを始めるなら


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り リンク
「釣った魚を美味しく食べる」サイト

「簡単魚料理」 リンク

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.