ボート釣りを始めよう!

ボート釣りの外道対策


「こんな魚が釣れ始めたら…」
まだン年のボート釣り歴ですが、ウハウハの釣果もあれば、涙の滲むような惨敗もあります。そんな中で、否が応でもお付き合いしてくれるのが外道のお魚たち。どれほどこのお魚たちに救われてきたか。代わりの「お土産」にもなってくれますし、海の中の状況を多少なりとも知らせてくれます。しかし、本命ではないのです…。

あくまでも経験則であり、時には船長の助言もあっての事ですが、この外道のお魚たちが知らせてくれる情報は時として役に立ちますし、「必ず」なんて事はありませんけど、対処の方法を教えてくれる事もあります。当然ご存知の方も多いかと思いますが、何かの役にでも立てればと思います。あくまでもご参考ということで、「こんな魚が釣れ始めた時…」の、蟷螂の斧のような対応策をまとめてみたいと思います。くどいですけど、経験からくる「お守り程度」の事です。

兄弟サイトの「船釣り」でも同様のコンテンツを書きましたが、ボート釣りも似たようなものですけど、少し釣りものが違いますのでこちらにも書きます。
<ネンブツダイ>
ゲスト
カワハギ釣りやキス釣りの時に、このネンブツダイ(キンギョとも呼ばれています)が釣れたら、その海の底には、他の魚がいない(確率が高い)という事です。このネンブツダイは非常に警戒心の強い小魚で、他の魚がいると根や海草のかげに隠れているようですが、安全な状態になると捕食のために出てきます。という事はつまり、他の魚(外敵)がいなくなったという事です。

そんな時は、お弁当でも食べて一休みするか、気分程度ですけどキャスティングする方向を換えてみましょう。カワハギの場合も同様に少しばかりキャスティングして、狙うポイントを変えてみましょう。念仏を唱えてみるのも良いかも(冗談です)。それでもだめならボートを動かして、静かなネンブツ天国になっているポイントを変えてみましょう。そんなに大移動する必要はないと思います。気分転換程度に。
<キューセンベラ ササノハベラ オハグロベラ 他ベラ類>
ゲスト
カワハギ釣りのポピュラーな外道がベラ。キス釣りなどでも来ます。いずれにしても、ベラがいるという事は根際の砂地である確率が高いので、魚っ気はあるという事ですけど、このベラ達、やる気満々の捕食者たちです。ベラの仲間は殆どが肉食性で、けっこう鋭い歯を持っています。餌へのアタックは素早い!

カワハギ釣りの時、カワハギも食い意地ではベラに引けは取らないのですが、カワハギが慎重に餌を喰っている時、如何せん、ベラの方が先にガツッと喰ってきます。せめてもの対応は「タタキ」を強めにするか、少しキャスティングしてポイントを変えてみるかです。ボートを移動させる必要はないと思います。ベラのすぐ近くにカワハギはいますから。キス釣りの時に来た場合、ベラが喰ってきた辺りは近くに根がありますから、そこは避けてキャスティングしましょう。
<クラカケトラギス トラギス>
ゲスト
これまたカワハギ釣りの「お約束の外道」です。キスの仲間はそれほど喰い上げてこないので、まず、底ベッタリにいると考えて間違いないと思います。

カワハギ釣りで、「這わせ釣り」をやっているとすぐにプルプルと来ます。このトラギスが続く時は、仕掛けを這わせるのを控え、ボートの縁に竿をぶつけない程度に細かく「タタキ」を入れて釣りましょう。もともと「タタキ釣り」は誘いというよりも、この外道「追い払い」効果を狙った釣り方のようですから。
<エイ>

マゴチを狙っている時に来ます。尻尾の毒針が危ないですし、大型が来ると、竿がメリッと音をたてそうなくらいにひたすら重い…。マゴチの仕掛けですからバレることもなく、とにかく上げるしかないので、やっかいな外道です。

確率的にはピンギスに喰ってきます。メゴチ餌があればマゴチ狙いに徹する事ができるのですが、メゴチでも絶対に喰ってこないという保証はありません。如何せん、「スレ」で来る場合もあります。対策としては、底に貼り付いている魚なので、気持ち、仕掛けを上げる位です。しかしそれではマゴチ狙いの確率も下がるのが悩ましい所です。まあ、エイが来るような場合は、(多分)マゴチの方が多少は餌を追ってくれるみたいなので、気持ち15cm~20cm程度仕掛けを上げてみる程度に…。大型のエイを2枚も上げると腕がパンパンになります。
<ヒイラギ>

これはハッキリいって防ぎようがありません。活性が高い場合は、仕掛けが着水すると同時に喰ってきます。そんな日はまさに湾が「ヒイラギ風呂」状態です。しかし、食べておいしい魚(身は少ない)ですから、キープして煮付けで楽しむのも手です。

しかし、それはそれとして「防ぎようがない」では芸がありませんので、一応の悪あがきとしては沖目に移動してみるという手もあります。沖目でもヒイラギ攻撃は受けますが、気持ち的に少しは減るかも…。このヒイラギにも時合はあり、姿が消える時もありますけど、けっこう長い時間、釣れ続けます。キャストする方向をあちこちに変えてみるというのが現実的な手でしょう。
<スズメダイ>

このスズメダイも避けようがない魚です。ただ、ヒイラギほど速攻で餌に喰いついてくる魚ではありません。とにかく、必ず群れで泳いでいますから、これが釣れ始めたら、しばらく休憩ですね。サビキを降ろしておくと、スレ掛かりも含めてホイホイ釣れます。手っ取り早いのは、ボートを漕いで、群れから離れることです。

ちなみに、ベラ亜目で、ベラの親戚ですがベラと違って宙層でも海面近くでも群れで遊泳しています。けっこう可愛らしいですから、スズメダイの群れが寄ってきたら、しばし釣りの手を休めて鑑賞しましょう。


<ゴンズイ ミノカサゴ>


ボート釣りは湾内とはいえ、沖にいますから、あまりこのゴンズイやミノカサゴが釣れる事はありません。この魚は地磯や波止近辺にいますので。ただ、水温が高かったり、地磯が海底まで長く張り出しているような所では、岸から離れた所でも釣れたりします。

どちらも強烈な毒針を持っていますから、万が一釣ったら気をつけてリリースしましょう。対応策としては、とにかく岸から少しでも離れる事です。ドテラ流しでやっていると、気が付かないうちに岸近くに流されている場合がありますからご注意。安全のためにアンカーは打ちましょう。

Let's ボート釣り 目次へ



★ボート釣りあれこれ 免許不要の2馬力ボート
★ボート釣り ボートで狙う季節の釣りもの
★ボート釣りあれこれ ご注意! 危ない魚たち
★ボート釣りあれこれ ボート出船の見極め(基準)
★ボート釣りを始めるなら

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■これからボート釣りを始められる方のご参考にでもなれば。
ボート釣りを始めるなら…
■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト

「釣った魚を美味しく食べる」サイト
「簡単魚料理」 リンク


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.